インターネット回線を利用する場合、利用方法によって固定光回線にするのか、それともモバイルWi-Fiルーターにするのかに分かれます。
簡単に言えば、外でも使うならモバイルWi-Fiルーターとなりますが、使い方や使用頻度によっては自宅だけで使う方でもモバイルWi-Fiルーターの方が良い場合があります。

固定光回線とモバイルWi-Fiルーターのどちらにするかは、人それぞれなので一概には決められないといったところです。
そこで、固定光回線とモバイルWi-Fiルーターそれぞれのメリットデメリットをピックアップし、どちらを選ぶべきかの判断材料をまとめていきたいと思います。

ちなみに、モバイルWi-Fiルーターについてはもっともメジャーな回線であるWiMAXを参考にしていきたいと思います。

現在固定光回線とモバイルWi-Fiルーターどちらにするか迷っている方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

WiMAXと光回線は何が違う?

比較

WiMAXと光回線の決定的な違いは、「無線」なのか「固定」なのかという点です。
光回線は、通常自宅まで光ケーブルを引いてきて、そこにモデムを接続してLANケーブルでパソコンと繋ぎます。
これに対しWiMAXは、電源をオンにして接続したいパソコンやスマホなどの機器と通信設定だけすれば無線でインターネットに接続することができます。

光回線は自宅やオフィスなど、回線を引いている場所でしか利用できないのに対し、WiMAXは端末を持ち運ぶことで、どこでも利用できます。
その他の細かな違いについてはひとつひとつみていきましょう。

WiMAXは工事不要で簡単

光回線を引く場合は必ず工事が必要になりますが、WiMAXは工事不要という手軽さが大きなメリットの一つです。
WiMAXは契約をして端末を手にいれたら、設定などは不要ですぐに使うことができます。
光回線の場合は契約をしたらまず工事日を決めなくてはなりません。
これがなかなか厄介で、特に引越しシーズンなどは光回線の工事も繁忙期になります。
そうすると、工事日が一か月先とかになったりするんですよね。
しかも土日は工事希望が集中するのでなかなか予定が合わなかったりします。
あとは工事費ですね。
回線によりますが光回線の工事には10,000円~20,000円ほどかかることがあります。
でもWiMAXは工事がないので工事費も当然かかりません。
費用面と利用開始までの時間をWiMAXなら短縮することができるんですね。

料金はWiMAXの方が安い?

お金

 フレッツ光
※戸建てプラン
WiMAX
フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ フレッツ 光ライト フレッツ 光ライトプラス UQ Flatツープラス ギガ放題 UQ Flatツープラス
月額料金5,100円
※ISP込みで計算
2,700円~5,700円
※ISP込みで計算
4,200円~5,900円
※ISP込みで計算
4,380円 3,969円
通信量上限なし 上限なし
※ハイスピードプラスエリアモードは月間7GB
月間7GB
速度 最大1Gbps 最大100Mbps 最大440Mbps
契約年数 2年2年~3年2年~4年
スマホ割 なしauスマートバリューmineで最大934円/月割引

WiMAXには「UQ Flatツープラス ギガ放題」と「UQ Flatツープラス」の2つのプランがあります。
「UQ Flatツープラス ギガ放題」は月間の利用量上限がありませんが、「UQ Flatツープラス」には月間7GBの上限があります。
ただし、「UQ Flatツープラス ギガ放題」でもLTEオプション(別途1,005円/月)となるハイスピードプラスエリアモードを利用している場合は、月間7GBの上限が設定され、上限に達すると通常モードとなるハイスピードモードにも1Mbpsの制限がかかります。

一方フレッツ光には「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」と「フレッツ 光ライト」と「フレッツ 光ライトプラス」の3つのプランがあります。
いずれのタイプも月間使用量の上限はありませんが、「フレッツ 光ライト」と「フレッツ 光ライトプラス」は利用量に応じて料金の変動があります。
「フレッツ 光ライト」の場合は、200MBまでは最低料金で利用できますが、それを超えると30円/10MBの従量制となり、1,200MB以降は上限金額の5,200円(ISP料金を除く)で固定となります。


「フレッツ 光ライトプラス」は3,000MBまでは最低料金で利用できますが、それを超えると24円/100MBの従量制となり、10,000MB以降は上限金額の5,500円(ISP料金を除く)で固定となります。


つまり、「フレッツ 光ライト」と「フレッツ 光ライトプラス」は普段それほどインターネットを利用しない方なら料金が抑えられますが、上限まで利用してしまうと、「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」よりも高くなってしまうんですね。

WiMAXとフレッツ光の料金を比較すると、「フレッツ 光ライト」や「フレッツ 光ライトプラス」で少ない使用料であれば、WiMAXよりも安くなります。
しかし、上限まで使ったり「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」の場合は、WiMAXの方が安いという計算になります。
フレッツ光の場合は回線料金+プロバイダー料金が別途かかるのも、割高になる要因の一つですね。

スマホセット割は?

フレッツ光にはスマホ割はありません。
フレッツ光以外の光コラボなどの回線には、スマホとの併用で適用可能な割引があるので、スマホや携帯を持っているならそういったサービスを利用した方がお得になりますね。

WiMAXはauスマートバリュー mine

端末au料金プラン割引額
スマホデータ定額5/8/10/13/20/30
LTEフラット
U18データ定額20
ISフラット
プランF(IS)シンプル
934円/月
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラット cp(1GB)
743円/月
データ定額1500円/月
ケータイ (4G LTE)データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)/10(ケータイ)/13(ケータイ)
LTEフラット
934円/月
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
シニアプラン
743円/月
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
500円/月
ケータイ (3G)カケホ(3Gケータイ・データ付)743円/月

WiMAXは、auwスマホとセットで利用すると「auスマートバリューmine」という割引が適用可能です。
「auスマートバリューmine」とは、「UQ Flatツープラス ギガ放題」または「UQ Flatツープラス」を契約することで、auスマホやau携帯料金から最大で2年間934円/月の割引が適用になります。
auユーザーにとってはうれしい割引プランですね。

光回線は光コラボで割引

光コラボの最大のメリットともいうべきは、スマホの割引です。
代表的なものとしてはドコモ→ドコモ光、ソフトバンク→ソフトバンク光、au→auひかりを利用することで適用される割引です。
フレッツ光を使うのなら、光コラボにした方がお得なんですね。
※auひかりは光コラボではありません。

光回線の方が安定する

回線の安定性を考えるなら光回線で間違いありません。
WiMAXなどのWi-Fiルーターはどこでも使えるというメリットがありますが、もちろんエリア外なら使えません。
また、場所によっては電波が拾いにくいところもあるので速度が出なかったり、繋がらなかったり途切れたりという心配はあります。
しかし、光回線は基本的にそういったことはありません。
光回線をWi-Fiで利用していた場合は、環境によっては電波が弱くなることもありますが、それはWi-Fiルーターのスペックを上げたり、ご利用環境を改善することで対処できます。
LANケーブルで有線接続を行っていた場合には、そういったこともないです。
ただのネットサーフィン等であればそれほど支障はないかもしれませんが、安定した接続が必要な作業には、光回線が向いていると言えますね。

回線速度は光回線が断然早い

フレッツ光や光コラボをはじめとした光回線の多くは、回線速度が最大1Gbpsです。
しかし、WiMAXは最大440Mbpsなので、光回線の半分以下となります。
これらインターネットの回線速度表示は、ベストエフォートといって理論上の最大値を表しているので、実際に利用する場合の速度はこれよりも遅くなります。
大きなファイルのアップロードやダウンロード、動画再生などをする場合にはそれなりの速度も必要になりますので、WiMAXだともしかしたらもたついたり、時間がかかったり、動画が途切れるなどの症状が発生することもあるかもしれません。

外出先でも使えるWiMAX

スマホ

WiMAXなどのWi-Fiルーターは持ち運びができるのが最大の利点です。
自宅以外でも外出先でWi-Fiをどこでも利用できるということは本当に便利です。
パソコンやスマホ、タブレット以外にもNintendo Switchや3DSなどの携帯ゲーム端末を接続することもできます。
複数接続が可能なので、数人で集まって同時接続してゲームを楽しむことも可能です。

最近は街中でたくさんの公衆フリーWi-Fiを利用することができるようになっていますので、それで十分といえば十分です。
しかし、公衆フリーWi-Fiはたくさんの方が接続するので速度や安定性が微妙です。
スタバなどでWi-Fiを利用したことがある方の中には、すぐに接続が切断だれてしまったり、速度が遅いなどの体験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、公衆フリーWi-Fiは「誰でも利用できる」という点が、メリットでもありデメリットでもあります。
公衆フリーWi-Fiの多くは通信が暗号化されていないので、悪意のある利用者が他人の接続内容を盗み見したりすることができてしまうんですね。
ですから、ログインIDやパスワードを盗まれて不正ログインされたり、個人情報を盗まれるなどの被害にあるリスクがあります。
でも、WiMAXは暗号化通信ですしそもそもパスワードが設定されていますので自分以外の第三者が勝手に接続することはできません。
仕事で利用したいという方は、公衆フリーWi-FiよりもWiMAXなどのモバイルルーターの使用をお勧めします。

引越しでもそのまま使えるのはWiMAX

引っ越し

引越しをすることになると、インターネット回線も引越しの手続きが必要になります。
契約内容の変更はもちろんですがそれよりも重要なのが、転居前の自宅からの設備の改修と、転居先での設置工事です。
「また工事?」と思うかもしれませんが、どうしてもこれは必要になってしまいます。
場合によっては工事費がかかりますし、何より面倒なのは工事日の設定です。
工事が混雑していた場合は日程が先になってしまうので、引越しをしてもすぐにインターネットを利用できない期間が発生してしまいます。
しかし、WiMAXなら契約内容だけ変更すればいいだけで、引越し先でもそのまま利用できるので、ネット難民となることはないんですね。

光回線は通信量の制限がない

光回線は月間データ利用量の制限がありません。
WiMAXをはじめとしたモバイルルーターは、月間7GBなどの制限がありますので、使いすぎると速度制限がかけられてしまって、ぶっちゃけ使い物になりません。
WiMAXには「UQ Flatツープラス ギガ放題」という上限なしの使い放題プランがありますが、やや料金が上がります。
それでもフレッツ光に比べると安いですが、そもそもの速度が違うので一概に比較することは難しいですね。

ちなみにWiMAXにはLTEオプションで利用できるハイスピードプラスエリアモードがあります。
ハイスピードプラスエリアモードは、auの4GLTE回線を同時に利用できるモードです。
このモードにすると何が違うかというと、回線速度というよりも利用可能エリアが広がるイメージです。
もし、通常モードでつながらない場合でもハイスピードプラスエリアモードにすればつながる場合があります。
auのエリアはかなり広いので、普段は利用しないでつながらない場合にのみ使用するのがおすすめです。
ただし、ハイスピードプラスエリアモードを使用すると月間7GBの上限がありますので使いすぎると速度制限がかかります。
ハイスピードプラスエリアモードで速度制限がかかると、通常使うハイスピードモードでも制限がかかったままになってしまうので注意しましょう。

オプションはWiMAXが豊富

オプションサービスは、WiMAXがかなり豊富です。

フレッツ光のオプション

オプション月額料金
フレッツ・あずけ~る5GB:無料

1000GB:5,000円
MS Office Online on あずけ~る 350円
ひかり電話 500円~3,900円
フレッツ・ウイルスクリア 400円~
フレッツ・テレビ 660円~
リモートサポートサービス 500円
なおせ~る 500円~

WiMAXのオプション

オプション月額料金
端末補償サービス 380円
端末あんしん補償 500円
WEBROOT
カスペルスキー
マカフィー
500円
フィルタリングソフト 特別価格
UQ Wi-Fiプレミアム 無料
グローバルIpアドレスオプション 96円
おまかせサポート 350円
U-NEXT 1,990円
レコチョクBEST 908円
music.jp 500円
パソコンソフト使い放題 500円
ebookjapan 762円
HANGAME 200円
請求書発行オプション 100円

結局どっちがいいの?

ここまでの情報を見てもいまいちどっちにすればいいのかはっきりわからない方は、以下を参考にしてみてください。

■WiMAXが向いてる人
・一人暮らし
・外出先でもネットを使いたい
・工事が面倒
・すぐに使いたい
・スマホのデータ量を節約したい
・安く済ませたい

■光回線が向いてる人
・家族でネットを使う
・ひかり電話が必要
・速くて安定した回線がいい
・動画閲覧など大容量を使用する使い方が多い
・株やFXをする
・オンラインゲームをする
・外ではスマホだけで十分




業界最安値2,726円のBroadWiMAX

光回線なら光コラボがおすすめ

光回線を使う場合、フレッツ光よりも光コラボの方がおすすめです。
その理由は安く済むから。
スマホを持っている方はスマホの割引がありますのでスマホキャリアと同じサービスを利用することをおすすめします。

ドコモ光

ドコモスマホを利用の方はドコモ光です。
一人で利用していてももちろん割引が付きますが、家族でドコモを利用している場合、シェアパックにすることでさらに割引額が上がります。
新規契約するとコンビニなどで使えるdポイントが10,000円分もらえます。

>>ドコモ光最大15,000円キャッシュバックはこちら

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザーにおすすめのソフトバンク光。
おうち割光セットなら、最大2年間最大毎月2,000円の割引が、家族のソフトバンクユーザーにも適用可能です。
また、最大30,000円分相当のキャッシュバックもあります。

>>ソフトバンク光最大30,000円キャッシュバックはこちら

光コラボではないけどおすすめの光回線

auひかり

auユーザーにも、それ以外にもおすすめできるのがauひかりです。
auひかりは光コラボではありませんが、auスマホと一緒に利用すればauスマートバリューで最大2年間最大毎月2,000円の割引が、家族のauユーザーにも適用可能。
auひかりは光コラボのようにフレッツ回線を利用しておらず、フレッツの回線が混雑して速度が低下するといった不具合の影響を受けません。

>>auひかり最大82,000円キャッシュバックはこちら

NURO光

NURO光は最大2Gbpsの速度が人気です。
また、料金も最初の一年間は2,980円で使えて、その後も4,743円と安いので安心。
しかも、工事費も実質無料になる割引があるので経済的負担が少なくて済みます。
あと、ソフトバンクユーザーならおうち割光セットが適用可能です。

>>NURO光最大160,000円お得キャンペーンはこちら

コミュファ光

コミュファ光はキャッシュバックが高額です。
最大55,000円還元なので、他の回線を解約して乗り換えても違約金などを相殺できますね。

>>コミュファ光最大120,000円キャッシュバックはこちら

まとめ

WiMAXのようなWi-Fiルーターは一人暮らしの方で、どこへでも持ち歩いて使いたい方におすすめです。
工事不要なのですぐに使えますし、設定なども不要なので手軽ですね。

一方光回線は、家族でネットを使う方や回線速度重視の方、動画などをたくさん見る方におすすめです。
光コラボならスマホ割があるのでフレッツ光よりも割安で利用できますね。